水素水の作り方情報サイトへようこそ!!

 

水素水の作り方

水素は元素およびガス状分子の中では最も軽く、 また宇宙で最も数が多く無色無臭の気体です。 その為、ナノバブル発生装置(特殊装置)により微細な気泡(ナノバブル) を水の中に発生させます。 ナノバブルはマイクロバブルよりさらに小さい気泡で1nm(ナノメートル)=0.000001mmと マイクロバブルの1000分の1大きさです。 気泡は極小のため、発生させても肉眼では透明な水に見えます。 通常の気泡は発生後すぐに水面に浮上し外部に放出されてしましますが ナノバブルは浮力の影響を非常に受けにくく、水の中に長期間、溶存する 事ができます。 これにより、近年では様々な分野での可能性や、ニーズに期待されています。
ネットでの検索数が急増している「水素水」ですが、ペットボトの素材よりも水素分子のほうが小さいため、 水素は時間の経過とともに抜け出てしまいます。 アルミボトルやアルミパウチなどに入っている水素水の場合は、 一旦、栓を開けてしまったら、水素がすぐ抜けます。
水素水(H&R)は溶存水素をバックインボックスという特殊なバッグを箱で覆った 容器に入れることにより 水素を保持する期間が長く保たれます。

 

注目されている水素の効果

活性酸素 『水素は細胞障害性活性酵素のみに選択的に還元作用し、 治療に有効な抗酸化剤として機能する。 水素ガスを含有した、水素豊富な水が活性酸素のひとつである ヒドロキシラジカルを選択的に消去する』事が明らかになりました。 万病を癒す魔法の水ともいわれ、糖尿病の改善、がん細胞の増殖を抑制 活性酸素による酸化、生活習慣病の防止等、様々な効果が見られると言われています。 (活性酸素から体を守る、活性酸素を抑える物質を抗酸化物質といいます)

 

抗酸化物質のある代表的な食べ物

【ビタミンE】 「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEは、体内で脂肪の酸化を予防し血管を丈夫にする働きがある。
活性酸素を抑え込む働きを持ち、活性酸素に与えた電子をビタミンCによって再び手に入れることができるため、 抗酸化力を高めるにはビタミンCが欠かせません。
アーモンド・落花生・くるみ・松の実などのナッツ類、ウナギ、タラコ、ごま油、アボカド、大豆、カツオなど
【ビタミンC】 活性酸素を抑え、抗酸化力がある。水溶性なので特に血液中など水分の多い場所で抗酸化力を発揮する。 毛細血管や骨、軟骨や結合組織を丈夫にする。 グレープフルーツ・いちご・レモン・キウイ・オレンジなどの果物類、キャベツ・パセリ・ピーマン・ブロッコリー・ほうれん草などの野菜類
【ビタミンA・カロテン】 眼に栄養を与え、皮膚や粘膜を丈夫にする働きを持ち、免疫防御系に作用する。カロテンは抗酸化性が強く、発がん抑制作用に優れている。 ウナギ、卵黄、レバー、にんじん、かぼちゃ、春菊、にら、青しそなど
【セレン】 抗酸化力のあるミネラルで、ビタミンEの働きを助ける。細胞の酸化を予防する働きを持つ。 ワカサギ・イワシ・ホタテなどの魚介類、玉ねぎ、ねぎ、穀類など
【ビタミンB2】 「発育のビタミン」と呼ばれ、脂肪の代謝を助け、成長を促す。ビタミンEの抗酸化作用を高める働きをする。 レバー、牛乳、卵、チーズ、納豆など
【ポリフェノール】 ほとんどの植物に含まれ、光合成によってできた色素や苦み成分で、約5千種以上あるといわれている。種類ごとにそれぞれ効能を持っているが、 共通して持っているのは強い抗酸化作用で、活性酸素を除去する。 赤ワイン(プロアントシアニジン)、ウコン(クルクミン)、大豆(イソフラボン)、コーヒー(クロロゲン酸)、玉ねぎ(ケルセチン)、お茶(カテキン)、そば(ルチン)など

 

毎日の生活に水素水を取込みましょう。

年齢と共に体内の酸化防止システムは低下していきます。 日頃から積極的に活性酸素を発生させない生活、体内で抗酸化物質をたくさん作る食生活をすることですが 望ましいのですが、忙しい毎日だとなかなかバランスを考えた食事が出来ない、ストレス解消する時間もない 等、ついついサプリメントに頼りがちです。 今日からでも少しずつ生活を見直し、食事や睡眠、休息、運動を取り入れ 水素水(H&R)で代謝を改善し自然治癒力を高め、体の中の若さ・健康を維持しましょう。 水素水は機能水ですので継続して飲む事で効果があらわれてきます。 (飲効には個人差があります。継続して飲水する事をお勧めします)