やさしいわかりやすいアルコール依存症について

 

アルコール依存症とは

日本でアルコール飲料は、古来より祝祭や会食など多くの場面で飲まれるなど、生活・文化の一部として親しまれいます。
一方で、健康の保持という観点からの考慮を必要とする、他の一般食品にはない特性が有ります。

活性酸素 1)飲酒は、意識状態の変容を引き起こします。このために交通事故等の原因の一つとなるほか、 短時間内の多量飲酒による急性アルコール中毒は、死亡の原因となることがあります。
2)習慣性飲酒による臓器障害は肝疾患、脳卒中、がん等多くの疾患の発症に深く関わっています。
3)長期にわたる多量飲酒は、アルコールへの依存を形成し、本人の精神的・身体的健康を損ないます。
4)未成年者への影響・妊婦を通じた胎児へのアルコールの心身に与える影響は、精神的・身体的な発育の途上 にある未成年者においては大きいとされており、このため、未成年者飲酒禁止法によって、未成年者の飲酒が禁止されています。 また、妊娠している女性の飲酒は、胎児性アルコール症候群などの妊娠に関連した異常の危険因子です。
一般に"適度な量の飲酒なら健康に良い"とされるように、少量の飲酒なら逆に健康に良いとする研究結果も多数報告されていますが、 アルコール依存症になるほど飲酒量がエスカレートしていく背景には本人の遺伝情報 (気持ちの慢性的落ち込み、不安定な人間関係などの心的要因、生活環境、日常のストレス等)の 要因が相互作用してアルコール依存が進行した結果、治療が必要なアルコール依存症に至ります。

 

「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度である

(注)主な酒類の換算の目安
お酒の種類 ビール(中瓶1本500ml) 清酒(1合180ml) ウイスキー・ブランデー(ダブル60ml) 焼酎(35度)(1合180ml) ワイン(1杯120ml)
アルコール度数 5% 15% 43% 35% 12%
純アルコール量 20g 22g 20g 50g 12g

まずは日ごろから量をコントロールできる飲み方をする、1週間に1~2日は飲まない日を作る、という習慣を身につけるようにしましょう。

どうすればよくなる?

活性酸素 アルコール依存症治療の基本は、とにかく断酒、つまりアルコールを生涯にわたって絶つことです。
酒量を減らせばいいのではないか、と思う人もいると思いますが、酒飲みが酒量を減らすことは極めて難しいのです。 もともと依存症になる人は行動に抑制が効かない人が多いのです。
しかも、お酒は酔うため、 ある意味では抑制を開放するために飲むものです。4杯のお酒で酔っていた人が、 2杯しか飲めないのでは、2~3日は我慢できても1週間と続きません。
すでに依存症に陥っている人が自力だけでお酒を絶つのは並大抵のことではありません。
そこで、通院して医師の管理を受ける、抗酒剤を使ってアルコールを受け付けないような体の状態を作る、 断酒会など自助グループに入ってお互いに励まし合いながら酒を絶つといった方法がとられます。

 

アルコール依存症と水素水

酸化還元電位 少しずつ、生活のリズムを取り戻し、適度な運動やバランスの取れた食生活を心掛けましょう。
血中のアルコール濃度が高いとアルコールを分解するために通常よりも多くの活性酸素が発生するため、 老化を早めたり、がんやその他の生活習慣病の原因になりますので、中和する必要があります。 H&R水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質の浸透性が高いため、 余分な活性酸素を効率よくを減らすことができます。 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスから過剰につくられる 活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)