やさしいわかりやすいガンについて

 

わかりやすいガンについて

日本人の死亡原因第一位に君臨し続ける悪名高き疾患です。
通常の細胞は、正常な細胞は寿命があり、役目を終えたら新しい細胞と入れ替わるのですが、 ガン細胞だけは寿命が無く、どんどんと増殖します。
ある程度大きくなったら、新しい血管を勝手に作り、必要な栄養素を奪い取り、周囲の正常な細胞を殺す物質を放出し、体中に転移します。
ガン細胞は、風邪のウィルスのように外部から侵入してくる物とは違い、私たちの身体の内部で正常な細胞が遺伝子変異を引き起こし、ガン細胞に変化します。
では、なぜ正常な細胞が遺伝子変異を引き起こすのでしょうか?

 

がんは生活習慣病の一つ

日常生活の不節制、食生活の乱れや欧米型の食事、過度のストレス、紫外線の浴び過ぎ、喫煙等によって、体内につくられた 余分な活性酸素が、DNAの情報の一部を傷つけたり、変質したときにやがてガン細胞へと変わります。
がんの治療では、手術、放射線治療、抗がん剤治療などが行われます。 その治療効果を引き上げるには、治療に耐えられる体力が必要になります。 そのためにも、体重を維持することが大切です。
体重減少を引き起こし、体力を低下させてしまう原因は、主に2つあります。

1つは、がん細胞が放出するサイトカイン(胞から放出され、種々の細胞間相互作用を媒介するたんぱく質性因子の総称。 免疫、炎症、生体防御において重要な役割を担っている。)という物質により、 慢性炎症が引き起こされることです。慢性炎症があると、筋肉のたんぱく質が燃やされてしまい、 筋肉の減少や体重減少につながります。特にがんが進行して悪液質という状態になると、 急速に筋肉が細くなることが知られています。

もう1つは治療の影響です。手術、放射線、抗がん剤などの治療を受けると、 その刺激によって患者さんの体に炎症が起こります。また、 治療によって引き起こされる副作用(発熱、倦怠感、口内炎、食欲不振、下痢など)は、 栄養の利用を妨げて体重を減少させることにつながります。副作用が起きていると、 活動量が低下し、全身状態の悪化を招く原因にもなります。

今からでも遅くありません。毎日食べるもの、毎日することに不健康な偏りがないかどうか習慣を点検し、 少しずつ改善し、慣らし、継続するという地道な努力を、ストレスにならない範囲で工夫するというのが非常に大切です。 例えば、いくら運動が良いといっても、ほとんど運動習慣がない人が、ある日からいきなり激しい運動をするのは危険です。 最終的な目標を決めて、毎週少しずつ時間や量を増やし、体と相談しながら進めることです。歩く、走るだけでなく、 水泳やジム、球技等、幅広い候補の中から、自分に合った楽しいと思える運動を見つけることが大事です。 また、買い物や通勤経路を運動量増加の方向で考えるなどの工夫も大切です。 食事も同じことで、これがおいしいと思っているものをいきなりガラっと変えるのではなく、 週単位、月単位の献立の中で回数や量を少しずつ変えてみる、あるいは食べ方を工夫してみることが必要でしょう。

 

自己免疫を高め、がん抑制物質、抗酸化物質をたくさん取りこむ

がん抑制物質はSOD(スーパーオキシド・ディムスターゼ) や、野菜や果物などの植物性食品に多く含まれているビタミンCやビタミンE、βカロチン、カテキン、 食物繊維(セルロース、ヘミセルロース、リグニン、ベクチン、マンナン、アルギン酸)、 ポリフエノール(アントシアニン、フラボノイド、 赤ワインポリフエノール、カカオポリフエノール,カテキン)などがあります。
近年話題の水素水は素分子には、他の抗酸化物質にはない、ヒドロキシラジカルを はじめとする人体にとって有毒な“悪玉活性酸素”とだけ結合して、身体から取り除いてくれるという 特性があります。 さらに水素は脳内の血液脳関門を通過できますが、他の抗酸化物質は通ることができません。。
このように水素水は全身に浸透するため、余分な活性酸素を効率よくを減らすことができます。
水素は安全です。食品添加物(既存添加物名簿168番)として認められています。 H&R水素水は、松葉温泉滝の湯の温泉水に水素をナノバブル化し大量の水素を抜けにくくしています。
(専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。
酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を 保持します。)
安心してご使用頂く事ができます。