やさしいわかりやすい肺気腫について

 

肺気腫とは

活性酸素 肺気腫とは
肺気腫・慢性気管支炎は「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼ばれ、日本では疫学調査から、 糖尿病患者数に匹敵する500万人以上がCOPDに罹患していると推計されています。 酸素と炭酸ガスの交換を行っている肺胞と呼吸細気管支が拡張し、破壊される疾患です。 肺胞と肺胞との間の壁が壊れると、いくつもの肺胞が弾力性を失ったひとつの袋のようになります。 こうした肺胞の集まり(気腫性嚢胞)がたくさんできた状態を肺気腫といいます。

慢性気管支炎
原因不明で気管や気管支が慢性的に炎症を起こし、咳や痰が続く状態に対する病名です。 ほとんどの場合、肺気腫という病気を伴います。

 

肺気腫の症状

診断基準 肺気腫の症状
肺胞などの拡張・破壊により、息を吸うときは問題ないのに、吐くときにはうまく空気が肺から出にくくなります。 自覚症状としては、息切れ、咳、痰、痩せなどがあげられます。運動したり、階段を上ったりした時に息が切れます。 進行すると安静にしていても息切れしやすくなります。 咳は、肺気腫に感染症を伴ったり、肺性心になったとき時などに多く認められます。 痰は、慢性の気道炎症により過剰になった気道分泌物によるものですが、感染症を伴ったり、 肺性心になったとき時などに多く認められます。

 

肺気腫の原因

活性酸素 肺気腫の原因は、不明ですが、肺気腫患者の8割以上が喫煙者であることが報告されています。 喫煙による慢性的な刺激が、気管支の部分に慢性気管支炎の病変を、肺胞(はいほう)の部分に肺気腫の病変を、 別々にひきおこすと考えられています。

 

 

 

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
煙草を吸わないことが、最大限の予防と思わます。 喫煙によって発生する大量の活性酸素は、肺に大きな影響を与えてしまいます。喫煙でもっとも起こりやすい肺の病気は肺気腫です。 肺がんの発生率も喫煙者が圧倒的に多くなっています。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスや喫煙から過剰につくられる 活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)