やさしいわかりやすい肥満について

 

 

肥満とは

活性酸素 肥満とはからだが太っているという意味ですが、医学的に「肥満」という言葉を使うときには、 脂肪が一定以上に多くなった状態のことをいいます。 体重が多くても、柔道や重量挙げの選手等は筋肉で体重が増えているために肥満とは いいません。

 

 

 

肥満かどうかの判定は

診断基準 肥満かどうかの判定は
1.体重で判定する方法   BMI(体格指数) = 体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m))    理想22(一番生活習慣病になりにくい身長と体重のバランス)肥満は25以上 です。
2.体脂肪率で判定する方法  体脂肪計で男性20%、女性30%以上で肥満と判定されます。

 

 

肥満になると

活性酸素 糖尿病・高血圧症・高脂血症・脂肪肝・動脈硬化症・胆石症・睡眠時無呼吸症候群・ガン・膵炎・心臓病等 生活習慣病にかかりやすくなります。

 

 

 

 

肥満の原因

活性酸素 食べ過ぎ、夜食は太りやすいといわれています。運動不足、遺伝も関係していると言われています。 絶食すれば、減量することが可能ですが、脂肪だけでなく筋肉量が減少すると、貧血・便秘・脱毛・肌荒れ等を 引き起こす心配があります。

 

 

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
食生活を見直し、食べ過ぎない。高カロリのものを控える。夜遅く食べない。 脂肪を燃焼させるには、ウォーキングでゆっくりと時間をかけて脂肪を燃焼させるのが一番効果的だと思われます。 ストレスによる食べ過ぎ、胃腸・肝機能の低下による脂肪の蓄積を減らすことです。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスから過剰につくられる 活性酸素を中和するので、内臓機能の働きが良くなり糖尿病・高血圧症・高脂血症等の生活習慣病の 予防に効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)