やさしいわかりやすい貧血について

 

貧血とは

活性酸素 貧血とは?
貧血とは、赤血球に含まれるヘモグロビンの量が少なくなった状態をいいます。
ヘモグロビンは酸素を体内の各部位に運び、いらなくなった二酸化炭素を持ち帰り肺から外に出す働きをしています。
貧血になると全身に運ばれる酸素の量が減少し、全身が酸素欠乏状態になるため様々な症状があらわれます。
患者数は180万人いるといわれています。
低血圧のために立ちくらみやふらつきが起こるのは「脳貧血」と言い、貧血とは異なります。

 

貧血の主な症状

診断基準 貧血の主な症状
・めまい
・寒気
・動悸・息切れ
・耳鳴り
・疲れやすい
・顔色が悪い
・吐き気等
・爪が平たくなったり、スプーン状になる などです。

 

貧血の原因

活性酸素 貧血の原因
貧血で一番多いのが、鉄欠乏性貧血です。食生活でダイエット等で食事の量が不足したり、 栄養のバランスが偏り鉄分の摂取が不足したり、鉄の吸収が悪い方もいます。
妊娠中の女性や成長期の子供は鉄の必要量が多いため、貧血になりやすくなる。
けがや胃・十二指腸潰瘍、痔、子宮筋腫などの病気で出血すると貧血になります。
激しい運動をする人は、赤血球が早く壊されるので鉄分が不足しがちになります。

・再生不良性貧血
 骨髄の造血機能に異常があり、赤血球の母細胞が正常に作られなくなる。
・巨赤芽球性貧血
 ビタミンB12や葉酸が不足して赤血球になる前段階の赤芽球が成熟出来なくなる。
・溶血性貧血
 赤血球が早く壊されて不足する。

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
規則正しくバランスのとれた食生活を行い、普段から鉄分を多く含む食品と 鉄の吸収率を高めるたんぱく質やビタミンCを含む食品を一緒に摂るようにしましょう。
活性酸素が多いと貧血を起こしやすくなると慶応大学医学部のグループが解明しています。 赤血球・白血球・血小板などの血液細胞は、もとになる造血幹細胞が分裂して2つに分かれ、 その片方が分化してできる。もう一方は幹細胞[stem cell]のまま残り、その後も必要に応じて分裂を 繰り返し、血液細胞を供給する。
活性酸素は、この幹細胞の自己複製機能を低下させ、分裂した幹細胞をすべて血液細胞にしてしまうと分かった。 いったん血液細胞になると、幹細胞なら持っている能力、すなわち別の血液細胞になったり、 分裂して増えたりする能力がなくなるため、結果的に、新たな血液細胞の供給が減ってしまう。 ため貧血になるそうです。

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスから過剰につくられる 活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)