やさしいわかりやすい胃潰瘍について

 

どのような病気

自分の胃液によって、胃・十二指腸の組織が自己消化してしまい、欠損が起きた状態が、 胃・十二指腸潰瘍で、消化性潰瘍とも呼ばれています。 消化性潰瘍は男性に多いのが特徴です。 胃潰瘍は、中年以降に多く、また、十二指腸潰瘍は、青年・壮年に多くみられます。 胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い 主な症状は、心窩(しんかぶ)部痛(みぞおち付近の痛み)や上腹部痛ですが、 主に胃潰瘍では食後に、十二指腸潰瘍では空腹時に痛みます。 胸やけ、げっぷ、もたれ感などの症状を示しますが、高齢者では痛みを自覚しない場合もあります。 重篤な合併症として、胃潰瘍では出血(吐血、下血 )、十二指腸潰瘍では穿孔(潰瘍が漿膜を貫通し、 胃内容が腹腔内に漏出している状態)、穿通(潰瘍の底が隣接臓器などでふさがれている状態)が多く 見られます。

 

 

主な原因は、バランスの乱れから

主な原因は、胃酸やペプシンなどの「攻撃因子」と、粘液、胃、アルカリ(重炭酸)、粘膜血流などの 「防御因子」とのバランスが、攻撃因子のほうが優勢になった場合に潰瘍が生じるといわれています。  そのバランスを乱す原因は、ヘリコバクター・ピロリ菌、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)、  ストレスの3つのと言われています。 水素は、ストレスによって発生した余分な活性酸素を除去し、酸化によって損傷した細胞の修復を 促進する還元力、抗炎症作用もあるので胃・十二指腸を守る効果があるといわれています。 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入り体内に吸収され、 ほかの成分に比べて浸透性が高いため、効果が出やすく効果的です。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)