やさしいわかりやすい慢性委縮性胃炎について

 

慢性委縮性胃炎とは

活性酸素 慢性委縮性胃炎とは、胃の粘膜の細胞がどんどん少なくなり委縮していきます。 進行すると血管が透けて見え、小腸の粘膜に近い様な状態に変化したものを云い、腸上皮化生になります。 さらに進行すると胃酸は殆ど出なくなります。胃がんになる可能性が高くなります。

 

 

 

慢性委縮性胃炎の症状

診断基準 慢性委縮性胃炎の症状
・胃痛、胃腸の不快感、もたれ、満腹感、胸やけ、嘔吐、食欲不振、高頻度の 悪性貧血:巨赤芽球性大球性貧血等  様々な症状を訴えます。
・無症状の人もいます。

 

 

慢性委縮性胃炎の原因

活性酸素 ・ヘリコパクター・ピロリ菌の感染によるものと
・自己免疫性胃炎は胃の真ん中の部分を中心として、広い範囲で萎縮が広がり、壁細胞という細胞が減って行くものがあります。
 ストレスの影響で自律神経の交感神経を刺激して顆粒球をどんどん放出し、その顆粒球が次に活性酸素となり、  胃壁面は益々攻撃され、さらに自己免疫の抗体が胃壁の標的に攻めますので、胃壁の細胞が再生されず、  萎縮し腸上皮化生となって行きます。

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
・ストレスをうまく解消すること
・くよくよせず、心配しないこと
・ストレスで過剰に発生した活性酸素を中和すること

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスから過剰につくられる 活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)