やさしいわかりやすい骨粗鬆症について

 

 

骨粗鬆症とは

活性酸素 骨粗鬆症とは、骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。古くは古代エジプト文明時代から ある病気なのですが、近年寿命が延び、高齢者人口が増えてきたため、特に問題になってきています。 日本では、約1,000万人の患者さんがいるといわれています。

 

 

 

骨粗鬆症になると

診断基準 骨粗鬆症になると
1.骨折しやすくなります。特に大腿骨(だいたいこつ)という太ももの骨を骨折すると寝たきり生活になります。 寝込むと、骨折が治っても自力で歩くのが困難になります。
2.背骨が圧迫されてつぶれていくと、背中が丸くなり内臓が圧迫されるため消化不良や便秘の原因になったり、 食べたものが食道から逆流しやすくなり、胸やけがしたりします。
3.骨折による痛みで、日常生活や行動範囲に制限がおこります。

 

 

 

どうすれば良くなる?

活性酸素 食事・運動・生活環境に気をつけることで、骨量の減少をくいとめたり骨折を避けたりすることが できます。
1.食事(乳製品・小魚・大豆製品等)でカルシウムとビタミンDとマグネシウムを充分な摂取を心がけましょう。 骨の健康には、カルシウム2に対してマグネシウム1が良いとされています。
2.運動不足にならないように、すでに骨粗鬆症を起こしている高齢の方は、骨に負担の少ない 散歩、買い物、床のぞうきんがけ等、骨粗鬆症の予防に運動を始めようとする方は、 けが、関節や筋肉を痛めない程度の運動がおすすめです。
3.生活環境では、転倒しないように、家の床には荷物を置かない、視力に合った眼鏡をかける。 段差に注意する。あわてず急いで無理をしない等、たばこやお酒をひかえるように心がけましょう。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果や心筋梗塞・糖尿病等の生活習慣病の 原因とされている余分な活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)