やさしいわかりやすい高尿酸血症について

 

 

高尿酸血症とは

活性酸素 ヒトの体のなかの細胞には、すべて遺伝子が入っています。この遺伝子をつくっている核酸(かくさん)という 物質のなかにプリン体が含まれています。細胞が死ぬときにはプリン体は尿酸に分解されます。 高尿酸血症とは血中の尿酸値が異常に高くなった状態で、血液中に溶けきらない尿酸がからだの 色々なところに結晶として蓄積していき、痛風を初めとする多くの障害をひきおこします。 高尿酸血症の患者数は約500万人以上、痛風の患者数は約90万人いるといわれています。 血中尿酸が7.0mg/dl以上の場合を高尿酸血症と診断します。

 

 

 

高尿酸血症の原因

診断基準 高尿酸血症の原因には尿酸の産生が過剰になる場合と、排泄が低下する場合およびそれらの混合した場合があります。
1.尿酸排泄低下型 60%がこのタイプです。遺伝や肥満が関与しているといわれています。腎不全になっても尿酸の排泄が 低下します。
2.尿酸産生過剰型 10%がこのタイプです。プリン体を多く含む食品を過剰に摂取する、 激しい運動を行う(細胞が破壊され、体内で合成されるプリン体が増加する)のが原因です。 白血病や炎症性疾患でも細胞が破壊され、体内で合成されるプリン体が増加します。
3.混合型 30%がこのタイプです。

 

 

 

高尿酸血症の合併症

活性酸素 高尿酸血症の合併症
1.痛  風 痛風は体液中に含まれる尿酸が異常に増え、関節や腎臓などに沈着して炎症を起こす病気です。 ある日急に、足の親指の付け根が腫れ上がり激痛がおこります。何回もくり返すと関節や骨が変型してきます。 痛風は40?50代の男性に多く、患者さんの95%以上は男性で占められています。女性は男性に比べて極めて少なく、 発症する場合はほとんどが閉経期以降です。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、腎臓での尿酸の 排泄を促進するはたらきがありますが、閉経期以降、このホルモンの分泌が低下するので、 血液中に尿酸がたまる傾向になるためと考えられています。
2.腎機能障害 尿酸が腎臓の髄質(ずいしつ)にたまると、沈着し、動脈硬化も加わって腎機能が障害されます。
3.動脈硬化症 高尿酸血症で動脈硬化症が起こりやすくなります。
4.尿路結石 尿酸の結晶で結石が出来やすくなります。

 

 

 

高尿酸血症の治療方法

活性酸素 高尿酸血症の治療方法
1.食事療法  プリン体を多く含む食品を減らし、肥満にならないような食事をする必要があります。 合併症を防ぐために、塩分や脂肪分を制限し、アルコールは控えましょう。 また水分を多くとると尿への尿酸の排泄が増加します。
2.運動療法 高尿酸血症では運動がきつすぎると筋肉が壊れてかえって尿酸を上昇させてしまいますので他の病気に比べ、 弱めの運動を行う必要があります。
3.薬物療法 食事療法や運動療法で改善しない場合は、薬物療法を行います。 薬物には、尿酸の産生を抑える薬、 排泄を促進する薬、痛風の発作を改善する薬があります。
高尿酸血症によって引き起こされる数々の病気は、血液がドロドロになることが原因なんです。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 高尿酸血症でドロドロになった血液をサラサラにする。そして血管を柔軟にすることが大切です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入り体内に吸収され、高血圧・糖尿病・高脂血症等 ドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果があります。 ほかの成分に比べて浸透性が高いため、効果的です。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)