やさしいわかりやすい脳梗塞について

 

2種類の脳梗塞があります。

ひとつめは脳塞栓
・脳以外の場所で出来た血栓が血液の流れに乗って、脳の血管を詰まらせます。
もうひとつは脳血栓
・脳血栓とは、脳の血管が動脈硬化などによって細くなって、それ以上先に血液が流れなくなり、血がそこに溜まってしまい血栓(血の塊)ができてしまう場合のことを言います。
 また、脳の血管が傷つきそれを修復した際にできた血栓が、同じく血液を通せんぼして、それ以上先に血液が流れなくなることをいいます。
 要するに、脳の血管の中で血栓ができてしまい、血液が流れなくなった状態のことをいいます。

 

糖尿病の合併症の中でも、大変危険なものの一つが、脳梗塞(のうこうそく)です

脳梗塞は、簡単に言えば、血栓(血の塊)が、血液の流れを防いでしまい脳内の細胞が壊死した状態のことを言います。
糖尿病の合併症の中でも、大変危険なものの一つが、この脳梗塞(のうこうそく)です
。 多くの場合、突然何の前ぶれもなく起き、脳の壊死した部分により手足の運動まひ、視野障害(失明、視力低下など)
痴呆、感覚障害、言語障害(思ったことを話せない、相手が言っている意味が分からなくなるなど)
失読(字が読めなくなる)失書(マヒではないのに、字が書けなくなる)、妄想や気分・感情の異常、記憶障害などの精神症状
尿失禁(尿意が分からなくなり、失禁してしまう)といった障害があらわれます。
情緒障害(自分から何かを進んでしようとしないといった自発性の低下があります。)等 重大な後遺症を起こすからです。
最悪の場合、そのまま死に至ることも珍しくありません。
では、なぜ脳梗塞を引き起こすのでしょうか?

 

なぜ脳梗塞を引き起こすのでしょうか?

日常生活の不節制、食生活の乱れ、過度のストレス、加齢・遺伝、脱水症状等でコレステロールや脂肪値の高いドロドロ血液になり、ストレスで凝固しやすい 血液になります。
動脈硬化が進むと血液中の余分コレステロールが血管壁に入りこみます。
次に血管壁の中に入ったコレステロールを処理するため、マクロファージがコレステロールを取り込み、消化します。結果、破裂して死んでしまいます。
血管壁内にはコレステロールに由来する脂質とマクロファージの残骸が蓄積されるため 血管壁が膨らみ、血液の通り道が硬くなり、細く狭くなります。
脳の血管に血液が一時的に流れにくくなった時に起きる症状と言われています。
ドロドロになった血液は粘着力が高く、血管の中を流れて行く時に、血管を傷つけていきます。
そして血管が傷ついた時に、その傷口を防ぐためにかさぶた、つまり血栓ができるんです。
ナノバブル水素水は、分子量が小さい水素を大量に含まれているので、速やかに血液に入り ドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、サラサラにし血液の流れをよくしたり、 血管に柔軟性をつける効果があります。

 

H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。

H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。
酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。