やさしいわかりやすい生理痛について

 

生理痛とは

活性酸素 生理痛とは?
生理痛とは、毎回の生理後期あるいは月経前後の数日に、下腹部痛や腰痛・頭痛・関節痛、吐き気、イライラなど 個人差があり鈍く響くような痛み、針を刺されるような鋭い痛みなど様々です。 必ずしも毎回痛まない場合もあります。

 

 

生理痛の原因

診断基準 生理痛の原因
生理痛の原因に「活性酸素」が関与していると知っていますか?
生理直前から生理開始の数日間は子宮内膜でつくられる「プログラスタンジン」(PGと略されます)という 物質が急速に増えます。
プログラスタンジンは子宮の収縮させ、生理の経血を体の外に排出する役割をします。 さらに血管を収縮させる作用や痛みの伝達物質のため、腰痛、下腹部痛、頭痛、嘔吐、下痢など 様々な症状を引き起こします。
生理痛のある人は生理痛がない人より、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が多いことが わかっています。プロスタグランジンの影響が大きいために痛みを感じやすいのです。

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
・子宮の周りの血行をよくする
・ストレス・冷え・カフェイン・タバコ・甘い物などを避ける
・子宮内膜の過剰な活性酸素が、過剰なPGを作るので、「活性酸素」を減らす。

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果や飲酒・喫煙・ストレスから 過剰につくられる活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)