やさしいわかりやすい脂肪肝について

 

 

脂肪肝とは

活性酸素 肝臓は、代謝・解毒・排泄をはじめ、500以上の働きを持つ重要な臓器です。 最近では脂肪肝が30代~40代を中心に増えつつあります。 脂肪肝とは、食べ過ぎや飲みすぎによって肝臓の細胞に中性脂肪やコレステロールが 必要以上に溜まった肝臓の肥満症とも言える状態をいいます。 自覚症状はほとんど無く、健康診断での血液検査や超音波(エコー)検査、 CT検査で偶然に見つかることがあります。

 

 

 

なぜ脂肪肝になってしまうの?

活性酸素 脂肪肝の原因は、肥満・アルコールの飲み過ぎ・糖尿病などです。 食べ過ぎや飲み過ぎによって有り余るエネルギーを摂取すると、肝臓の処理能力が追いつかず、 余った分が中性脂肪として肝臓にたまっていきます。 (肝臓がフォアグラのような状態になります。) また、運動不足により消費されるエネルギー量が少なくなると、ますます拍車がかかります。 特にアルコールはアルコール自体が脂肪酸となって肝臓にたまり、中性脂肪に変化するので注意が 必要です。 *肝臓の処理能力には個人差があり、脂肪肝のなりやすさにも個人差があります。 脂肪が蓄積した肝臓は、代謝・解毒・排泄等の機能が著しく低下します。 健康診断で行う血液検査で、主にGOT、GPT、r-GTPの値が肝臓の機能を表して いますので注意しましょう。超音波検査やCT検査も併せて診断もお勧めです。

 

 

 

放っておくとどうなるの?

活性酸素 肥満を伴う脂肪肝は、脂質異常症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にいたるリスクが高めます。 動脈硬化を促進し、その結果、脳梗塞や心筋梗塞の発症につながる恐れがあります。 性別では男性のほうが多く発症。アルコール性の脂肪肝の場合は、放っておくと肝硬変に進むことも あります。

 

 

 

脂肪肝は改善できるの?

食事の見直し 食事の見直し(栄養の摂り過ぎや肥満を伴う脂肪肝の場合)
1.ご飯、果物、おやつ、ジュース類を減らしましょう。
2.脂っこい料理を減らしましょう。
3.タンパク質を上手に摂りましょう。(摂り過ぎも不足も注意)
4.野菜・海藻・きのこ類をたっぷり摂りましょう。
5.節酒、禁酒をしましょう。
水素は、余分な活性酸素・中性脂肪を除去し、肝臓を守る効果があるといわれています。 1.活性酸素を除去する
 ミトコンドリアは中性脂肪を減らそうと無理に中性脂肪を燃やすと活性酸素を大量に発生させるため、  水素は、余分な活性酸素と結びつき無害な水に変え、対外に排出させます。
  2.水素は中性脂肪を減らす
 水素を摂取すると、脂肪の分解を促進するホルモンが増加し、中性脂肪を減らします。    肝臓に脂肪をためさせないようにします。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。
ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入り体内に吸収され、余分が中性脂肪を減らします。 ほかの成分に比べて浸透性が高いため、効果が出やすく効果的です。
H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)