やさしいわかりやすい心筋梗塞について

 

心筋梗塞というのは動脈硬化に伴って起こる病気です

わかりやすい心筋梗塞 心筋梗塞というのは動脈硬化に伴って起こる病気です。昔は高齢者に多いと言われてきましたが、 食生活の欧米化などに伴って若い年代の方でも発症の可能性が高くなってきました。 働き盛りの30代、40代、極端な例では、10代で心筋梗塞を発症する方もいらっしゃいます。 心筋梗塞は虚血性心疾患の仲間です。冠動脈の血液の流れが悪くなると、心筋の酸素が不足してしまいます。 この状態が、狭心症や心筋梗塞などで、これらを総称して虚血性心疾患といいます。

 

狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞 < 狭心症>  冠動脈の血管の中が動脈硬化のために狭くなり、心筋に血液が十分に送られなくなった状態をいいます。  胸がしめつけられるように痛くなったり、息切れをおこしたりします。 <心筋梗塞>  狭心症の状態よりもさらに冠動脈が狭くなって、血管が完全に詰まった状態になるため、血液が流れなくなり、  心筋が死んでしまった状態をいいます。激しい胸痛が長く続きます。 心筋梗塞は命に関わる非常に怖い病気です。軽度の場合は数日間の安静で社会復帰できることもありますが、 重度の場合は命に関わることを自覚をしなくてはなりません。 最も怖い点は不整脈が起こった直後急激に発生したり、または突然血圧が下がって命に関わる状況になることです。 したがって、救急車を呼ぶまでの時間が短ければ短いほど、患者さんの予後が良いということが知られています。

 

どのような人が心筋梗塞になりやすいの?

狭心症・心筋梗塞 どのような人が心筋梗塞になりやすいの? 心筋梗塞は、体質的に高血圧、糖尿病、高脂血症(最近は脂質異常症とも言われる)、不整脈、 低体温などがある方になりやすい病気です。 特に糖尿病の方は、動脈硬化の促進により血栓ができやすく、 心筋梗塞の危険度が高いと考えられています。 また、高血圧の方も動脈硬化にかかりやすいうえに、 血圧が高くなることで血管が異常な収縮を起こしやすくなるため心筋梗塞の可能性が高まります。 不整脈の方は、不整脈によって血流が乱れ、血栓が作られやすく心筋梗塞に繋がる可能性があります。 高コレステロールの方も高脂血症になりやすく、心筋梗塞に繋がりやすい条件となります。 また、 体温が低い方は、末梢血管が収縮しやすく、血圧が下がってしまうため、 普段から体温が低い低体温の方は心筋梗塞になりやすいとも言われています。 喫煙の習慣がある方は血管の異常収縮によって、血管がもろくなり、心筋梗塞を発症するので たばこの吸い過ぎは厳禁です。このほかに遺伝にも関係しており、高血圧になりやすい家系の方、 動脈硬化になりやすい家系の方、血管の壁のアレルギー反応を起こしやすい方は注意が必要です。

 

どうすれば良くなる?

狭心症・心筋梗塞 どうすれば良くなる? 日常生活の不節制、食生活の乱れ、過度のストレス、紫外線の浴び過ぎ等によって、体内につくらた 余分な活性酸素が、血液をドロドロにし冠動脈の血液の流れが悪くします。 ナノバブル水素水は、分子量が小さい水素を大量に含まれているので、速やかに血液に入り ドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、サラサラにし血液の流れをよくしたり、 血管に柔軟性をつける効果があります。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)