やさしいわかりやすい脂質異常症について

 

 

脂質異常症とは

活性酸素 最近のガイドラインの変更により、従来の「高脂血症」から「脂質異常症」と名前が変更になりました。 脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質(コレステロールや中性脂肪)が多すぎたり、少なすぎたり している状態をいいます。 このように変更されたのは、HDLコレステロールが低い場合も病気の発生リスクがあり、 高LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症といった 血液中の脂質の異常を総称して「脂質異常症」と今回の改定で変更することになったようです。

 

 

 

脂質異常症の分類と診断基準について

診断基準 脂質異常症の分類と診断基準について 脂質異常症には、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症と いった種類があります。 高LDLコレステロール血症の診断基準は、LDLコレステロールが140mg/dL以上(空腹時) 低HDLコレステロール血症の診断基準は、HDLコレステロールが40mg/dL未満(空腹時) 高トリグリセリド血症の診断基準は、トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL以上(空腹時)です。

 

 

 

脂質異常症の原因

活性酸素 脂質異常症の原因 脂質異常症(高脂血症)、特に高LDLコレステロール血症の原因としては、食生活・食事の生活習慣が 大きく影響していると考えられます。 動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。 また、脂質異常症(高脂血症)は、動脈硬化の危険因子である高血圧、糖尿病、肥満、喫煙、飲酒、運動不足、 偏った栄養バランスの食事など総合的に判断しながら、生活習慣を見直し、予防することが大切です。 食事の量を適正な量に減らしたり、食物繊維・ビタミン・ミネラルをバランスよく積極的にとるようにしましょう。 少しずつ脂質異常症(高脂血症)の原因となる生活習慣を改善していきましょう。 水素は、余分な活性酸素・中性脂肪・過酸化脂質を除去する抗酸化作用の効果があるといわれています。 1.活性酸素を除去する  ミトコンドリアは中性脂肪を減らそうと無理に中性脂肪を燃やすと活性酸素を大量に発生させるため、  水素は、余分な活性酸素と結びつき無害な水に変え、対外に排出させます。   2.水素は中性脂肪を減らす  水素を摂取すると、脂肪の分解を促進するホルモンが増加し、中性脂肪を減らします。    血中の脂質をためさせないようにします。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入り体内に吸収され、余分が中性脂肪を減らします。 ほかの成分に比べて浸透性が高いため、効果が出やすく効果的です。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)