やさしいわかりやすい歯周病について

 

 

歯周病とは

活性酸素 歯周病とは、歯周組織にさまざまな疾患が発生する生活習慣病です。
歯ぐきに炎症が起こる歯肉炎(歯周病の初期段階)と、他の歯周組織にまで炎症が及ぶ歯周炎があり、 歯周病における二大疾患と言われています。 原因因子には個人差があり、歯周病の罹りやすさや進行度合いは人によって違います。

 

 

 

歯周病の症状

歯周病の症状 歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、 今では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。
日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。
そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いのです。 歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかありません。 しかし、歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。 自覚症状が出てきているような歯周病では、すでに歯を支えている骨(歯槽骨)の大部分が溶かされてしまっています。

 

 

 

原因は?

活性酸素 原因は?
歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークはただの食べカスではなく細菌の塊です!
この細菌の産生する毒素が歯周病の発生・進行に非常に大きく関わってきます。
高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えていきます。
これは、身体の免疫力が低下することによって歯周病が進行しやすくなるからです。
また、風邪をひいたり身体が疲れていたりすると免疫力が低下するので、歯周病は進行しやすくなります。

 

 

 

全身疾患との関係

活性酸素 全身疾患との関係
歯周病は、心筋梗塞やバージャー病、肋間神経痛、三叉神経痛、糖尿病と密接な関係にあることが、ごく最近の研究で確認されています。 心筋梗塞やバージャー病では、歯周病原因菌が血小板に入り込み血栓を作り易くなることによって発症のリスクが高まります。 また、糖尿病ではPorphyromonas gingivalis感染が分泌を促進する腫瘍壊死因子(TNF-α)によって、糖尿病が増悪され、 この糖尿病によって歯周病が増悪されるという負の連鎖が起きます。これは「歯周病菌連鎖」や「歯周病連鎖」と呼ばれています。

 

 

 

どうすれば良くなる?

活性酸素 どうすれば良くなる?
原因の除去つまり、主因子であるプラークの除去。 修飾因子の除去。 外傷性咬合の除去。 サポーティブペリオドンタルセラピー(supportive periodontal therapy, SPT)およびメインテナンスによる、 回復した口腔の健康の維持等が挙げられます。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が出やすく効果的です。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果や心筋梗塞・糖尿病の原因とされている 余分な活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)