やさしいわかりやすい膵炎について

 

膵炎とは

活性酸素 急性膵炎とは、アルコールの乱用や胆石などが原因で起きる病気。 膵臓で作られる消化液の一種である膵液が通る管がつまり、膵臓内に膵液がたまることで炎症が引き起し、 組織が壊死する病気です。重症の場合全身の血圧が極端に低下し死亡することもあります。
慢性膵炎とは、膵臓で慢性の炎症が繰り返し持続されることによって、膵臓が破壊されます。 カルシウムが膵臓に沈着して石灰化が起こり、膵管に膵石という結石ができることもあります。 膵臓に線維化がおこるなど、もとに戻らない変化をきたして、膵臓の機能が低下した状態をいいます。 持続または反復する背中の痛みや腹痛が初期症状としてあらわれ、進行すると、膵臓の外分泌作用の 機能不全として、消化不良による脂肪便や下痢をしやすくなります。 内分泌作用の機能低下によって糖尿病になったりします。

 

膵炎の主な症状

診断基準 膵炎の主な症状
・腹痛が繰り返し起こる。
・急性膵炎の腹痛では、激痛が多いのですが、慢性膵炎では、鈍痛が多いです。
・吐き気
・慢性膵炎になると糖尿病の症状がでることもあります。
・重症の場合はショック症状を起こし、血圧低下や腎不全・心不全など多臓器不全を起こすこともあります。

 

膵炎の原因

活性酸素 膵炎の原因
アルコールの飲み過ぎ、脂肪食の摂り過ぎで膵臓の内分泌機能低下によるもの、
胆石が誘因されることもあります。
喫煙によって膵臓の水分分泌が減少し、それに伴って膵液の濃縮が慢性膵炎の発症であるということ、
活性酸素の関与によって慢性膵炎を発症するとの指摘もあります。

 

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
アルコール摂取は絶対に禁止です。脂肪量の摂取制限を行います。それ以外にも食生活や生活習慣の調整が必要で、 日常生活も規制されるためにしばしば隠れて飲み食いする患者がいますが、それは本人にとって命取りですので、 医師に指示されたことは絶対に守りましょう。喫煙もやめましょう。 糖尿病など併発させないために、飲酒や喫煙によって過剰に発生した活性酸素を中和させる必要があります。

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果や飲酒・喫煙・ストレスから 過剰につくられる活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)