やさしいわかりやすい胆石症について

 

 

胆石症とは

活性酸素 胆石症とは、肝臓の下にある胆汁をためる袋(胆のう)内・胆管内に、結石ができる病気です。 胆のう内に胆汁が濃縮した胆汁成分が変化して、コレステロール石(胆石全体の70%)、 カルシウム石、ビリルビン石などができます。 女性、肥満、中高年・脂質異常症(高脂血症)に多いとされ、経口避妊薬内服・急激なダイエットにも 多いことが報告されています。 胆石を保持している人の大半は、症状の無い無症状胆石で、人間ドックで発見されることも多く、 胆石症の症状を起こす人は1~3%と言われています。  また胆石が明らかな胆嚢癌を生じやすいという証拠はないが、胆嚢癌では高率に胆石が認められています。 (Wikipedia 胆石)

 

 

 

胆石症の症状

診断基準 胆石症の症状 無症状のことも多いです。胆道や総胆管に結石が詰まると、激痛を訴えたり、炎症を起こすと発熱が出ます。 胆道に胆石が詰まって、胆汁の流れを閉塞させると、胆汁が十二指腸に流れ出なくなり黄疸がおこります。 吐気や嘔吐を伴うことが多い。 主にみぞおちの痛みや右脇腹の痛み、そのほかに背中の痛みや張り、腰痛、肩凝り等が生じることもあり 非常に強い痛みを伴うことが多い。 食べすぎや偏った栄養の摂取につながる食生活の乱れや、肝臓の働きのひとつにコレステロールの代謝の低下等が 考えられます。

 

 

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果や肝機能障害の改善に 余分な活性酸素を中和したり抗炎症作用もあるので期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)