やさしいわかりやすい糖尿病性腎症について

 

糖尿病性腎症とは

活性酸素 糖尿病性腎症とは、糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。 糖尿病性腎症とは、腎臓が糖尿病による高血糖が長期間続くと、腎臓の糸球体(しきゅうたい)で 身体の中でいらなくなった老廃物を含む血液を濾過して、老廃物を尿として体外に排出する ことができなくなる状態をいいます。腎不全や尿毒症になる可能性も高まります。
最終的には血液透析か腎移植が必要になります。

 

 

糖尿病性腎症の症状

診断基準 糖尿病性腎症の症状
最初は無症状です。腎症が進んで蛋白尿が多量になると血液中の蛋白濃度が下がり、浮腫が起こってきます。浮腫は、全身、とくに下肢にみられます。 胸水や腹水がたまると体を動かす時の息切れや胸苦しさ、食欲不振やお腹が張ってきたりします。
腎不全になると、貧血のため顔色が悪くなり、疲れやすくなります。
尿毒症になると吐き気あるいは嘔吐もみられます。筋肉のけいれんや抹消神経痛がみられることもあります。
肺水腫(はいすいしゅ)・心不全のため、浮腫や息切れ、動悸(どうき)がひどくなり、潰瘍や出血がみられます、 手の震え、意識混濁などの症状が現われてきます。

 

糖尿病性腎症の原因

活性酸素 糖尿病性腎症の原因
高血糖になると糸球体は、血液中の過剰な糖を濾過するために糸球体にかかる血液の圧力が高まります。
この状態が長くと糸球体の毛細血管が目詰まりを起こしたり、傷つけたりして硬くなるからと考えられています。
結局は血液の流れが悪くなることが原因なのです。

 

 

 

どうすれば良くなる?

活性酸素 どうすれば良くなる? 血液の流れ良くするには、血液をサラサラにする。血管を柔軟にすることが大切です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果があります。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)