やさしいわかりやすい糖尿病網膜症について

 

糖尿病網膜症とは

活性酸素 糖尿病網膜症とは、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。 自覚症状がないまま進行して、重症になってから気がつくことも少なくありません。 最悪の場合は失明に至ります。中途失明の大きな原因になっています。

 

 

 

糖尿病網膜症の症状

診断基準 糖尿病網膜症の症状
初期の段階では、自覚症状がみられません。しかし、目の中の血管の状態をみると、小さな出血など、 少しずつ異常があらわれています。
中期になると、視界がかすむなどの症状が感じられます。このとき目の中で、血管がつまるなどの障害が起きています。
末期になると、視力低下や飛蚊症が起こり、さらには失明に至ることもあります。目の中で大きな出血が起きたり、 網膜剥離や、緑内障、白内障など、他の病気を併発している場合があります。

 

糖尿病網膜症の原因

活性酸素 糖尿病網膜症の原因
目の一番奥にある眼底には網膜という神経の膜と、多くの毛細血管があります。 糖尿病になると糖が多くドロドロで固まりやすい状態になっている血液が、 網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血を起こしたりします。 こうして血液の流れが悪くなり毛細血管に血栓ができると、網膜に酸素や栄養素が不足し 本来は、ない弱い新しい血管がつくられます。ところが新生血管は簡単に破れて眼底出血を起こした時、 この出血が硝子体に及び、視力を低下させます。
硝子体出血を繰り返して生じた網膜のかさぶたがはがれると、網膜剥離になり失明に至ります。
また、新しい血管のために、眼圧を一定に保てなくなると緑内障になります。
また、血糖により水晶体が白濁すると白内障になります。
結局は血液の流れが悪くなることが原因なんです。

 

どうすれば良くなる?

活性酸素 どうすれば良くなる?
血液の流れ良くするには、血液をサラサラにする。血管を柔軟にすることが大切です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果があります。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)