やさしいわかりやすいうつ病について

 

うつ病とは

活性酸素 日常生活において関心が高まっているうつ病は、社会的背景の変化などにより増加していると推察されています。
うつ病は、その時代の社会、その土地の文化の有りようとも深く関わっています。
社会活動能力の低下やうつ病を原因とする 自殺者の増加などからさらなる対策が求められています。

私達は様々な出来事をきっかけに、気持ちが落ち込んだり憂うつな気分になったり することがあります。健康な人であれば2、3日すれば回復したり元気になるはずです。 ところが、このような気持ちの落ち込みや憂うつな気分は、原因が解決しても気分が回復せず、 強い憂うつ感が長く続いてふだん通りの生活を送るのが難しくなったり、 思い当たる原因がないのにそのような状態になるのが、うつ病です。
うつ病の主な症状としては 抑うつ気分、思考力の低下、意欲の低下、睡眠の異常 、食欲の低下(ときに増加)、疲労、倦怠感、ホルモン系の異常等、 うつ病の症状は、1つではなく様々な症状があらわれます。
そしてこのような症状があるにもかかわらず、いろいろな検査をしても原因がわからないということがよくあります。

 

うつ病の原因

活性酸素 うつ病の発病メカニズムは未だ不明であり、複数ある説も仮説の域から抜け出せていないのが現状です。 健康な神経組織は神経線維が太くてしっかりとしています。
ですから脳内の情報を流す電気信号(インパルス)がスムーズに流れます。(情報伝達) ですが、うつ病の人の神経組織は貧弱で神経線維が痩せているために、 情報を伝えるための電気信号が途切れてしまい、情報伝達に支障が起きて正常な精神機能を阻害してしまうのです。
抗ストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌され、脳の神経細胞が破壊されます。 神経細胞を成長させるBDNF(脳由来神経栄養因子)が減り、帯状回膝下野や背外側前頭前野のコントロールが失われるます。 そして扁桃体が暴走を始めます。 どうして不健康な神経組織になるかというと、ストレス過多が続くことによって、活性酸素を生み出し、神経細胞が傷き 神経細胞の働きが低下してしまうからです。

 

どうすればよくなる?

活性酸素 基本的な治療方法は休養と薬によるものになります。 脳の中のセロトニンやノルアドレナリンという物質の働きを高めることで (1)抑うつ気分を取り除いて気分を高める(2)意欲を出させる(3)不安や緊張、 焦燥感(しょうそうかん:いらいらした感じ)を取り除く、といった効果をあらわします。
うつ病という病気は短期間で治る病気ではありません。 長い治療期間を苦痛に感じる方はたくさんいますが、この治療期間は物の考え方やうつ病が どのような病気なのかを知るには大事な時間だと思って、焦らずにじっくりと治療していきましょう。
H&R水素水は、神経細胞が傷つける活性酸素を消去し中和する 抗酸化物質で(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ)浸透性が高いため、効果に期待が持てます。 しかも松葉温泉滝の湯の温泉水ですからミネラルが豊富で安心・安全です。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を保持しています。)