やさしいわかりやすい喘息について

 

 

喘息とは

活性酸素 喘息とは
現在、日本には300万人以上のぜんそく患者がいると言われていて、そのうち4,000人/年が死亡しています。 多くのぜんそく患者は、薬物を適切に投与したり、ピークフローの測定など自己管理をすれば死なずにすみます。 子供のころにぜんそくを発症していなくても、大人になってから発症する方も多くいます。 成人のぜんそく患者の56%は大人になってから発症した人達です。

 

喘息の主な症状

診断基準 喘息の症状
ぜんそくは、アレルギー反応などによって気道が狭くなり、呼吸がヒューヒュー、ゼイゼイという音を 立てるようになる病気です。咳や痰が出る、息が苦しい、明け方に苦しくて目が覚める、などの 症状が見られ、重症なときには呼吸困難になって死亡することもあります。

 

 

喘息の原因は?

活性酸素 喘息の原因は?
近年、気管支喘息も免疫不全症の病態の一つとして考えられています。
環境因子で一番多いものは、室内のほこり中のダニの糞や死骸の分解物です。
その他にも猫などのペット、ゴキブリなどの昆虫、カビなども原因となります。
アレルギー以外でも次のようなことが原因や誘因となって喘息が起こることがあります。


・カゼをひいたとき
・運動をしたとき(これを運動誘発喘息といいます)
・気象・季節の変化(台風の接近、春先と梅雨時と秋に発作が起きやすい)
・自律神経の作用(夜に悪化しやすい)
・ストレス(怒られただけでも発作を起こすことがあります)
・けむり(花火や線香・タバコのけむりは要注意)・大気汚染
・におい(殺虫剤、消臭剤、ヘアスプレー、建材・塗料(シックハウス症候群)などの臭い)
・飲酒
・ストレス(睡眠不足、緊張、不安、気疲れ等)

 

どうすればよくなる?

活性酸素 どうすればよくなる?
環境対策をする、適度な運動を行う、ストレスをため込まない。
アクの強いもの、刺激の強いもの、甘みの強いもの、脂っこい食べ物は控えたほうが良いと思われます。
ストレスにより過剰に発生した活性酸素が、内臓にダメージを与えています。

 

そこで、活用したいのが水素水です

酸化還元電位 そこで、活用したいのが水素水です。 ナノバブル水素水は、活性酸素を中和する抗酸化物質(ポリフェノール・リコピン・カテキンと比べ) 浸透性が高いため、効果が早く出やすいです。 水素は地球上で一番小さな分子なので速やかに血液に入りドロドロになった血液の赤血球に水素が結合し、 サラサラにし血液の流れをよくしたり、血管に柔軟性をつける効果やストレスから過剰につくられる 活性酸素を中和するので効果が期待できます。 H&R水素水は、水素をナノバブル化し大量の水素が抜けにくくしています。 (専門検査機関による実験測定値は 1000ml当たり15億個のナノバブルを存在させています。 酸化還元電位-650mv は国内トップクラスの還元力と未開封の状態で2ケ月間、高い水素濃度を  保持します。)